印鑑の作りどき

イメージ画像

印鑑登録で、認印は認められるかどうかですが、その判断は役所によっても違うみたいですので、何とも言えませんが、印鑑証明を認印で登録している人は少なからず必ずいると思います。
後から変更もできますからね。

でも普通は、何回も変更はしません。
するとしたら、実印が欠けてしまったり、紛失したりした時に変更すると思います。何回も役所に行くのも面倒ですよね。

印鑑証明は何の時に使うのか分かっていますか?私は、印鑑証明というより実印は男性の人が、持つ印鑑だと思い込んでいました。最近インターネットを見ていると、印鑑の広告サイトをよく目にします。前はあまり広告を見なかったような気がしますが、最近は本当に多く見ますね。

印鑑を作る時期なのでしょうか?印鑑って、いつ買い時なのか分かりませんよね。
必要な時が買い時だと思います。印鑑は長持ちをするので、買い替える時はよっぽどの時です。
例えば印鑑が欠けてしまって使えなくなった時、苗字が変わった時や紛失した時などでしょうか。
たまに印鑑が欠けていても使っている人がいますが、欠けていても支障がなければ大丈夫なのですかね。

私は昔、銀行印が、欠けてしまいましたが使っていても特に何も言われませんでした。
自分が嫌だったから、新しいのに変えましたけど。
印鑑証明は、実印が欠けてしまっても大丈夫でしょうか?
印鑑の修理みたいなのもあるそうですから、ハンコ屋さんに相談してみた方が良いかもしれません。
もし、実印が認印でしたら欠けた認印でなく、新しく新調した方が良いですね。



~ Hot Topic│オススメ関連情報 ~

<売れるチラシ>印刷チラシ

印刷チラシは大切な情報提供であり、外せない広告手法のひとつ。
そんなチラシの専門知識を持ったスタッフがお伺いし、
経験にもとづく広告プラニングを致します。
全国対応で成果を追求し、最大限に効果的なご提案を致します。

売れるチラシをお考えの方はこちらから!

このページの先頭へ